top of page
bg_note_w_s.png

お知らせ

【活動報告】 Germinate 芽生え ヴァイオリニスト劉薇を迎えて

気仙沼市で初めて、リアスオーケストラ主催のコンサートを行いました。

大船渡市育ちの私には、県をまたぐ気仙沼市は近くて遠い町でした。

リアスオーケストラに、気仙沼市民が参加するようになり、彼女のおすすめの魚屋さん、かまぼこ屋さん、お寿司やさん、喫茶店など案内していただくうちに、段々気仙沼市が好きになってきました。 気仙沼市は遠洋漁業の町、マグロを求め海外に目が向いているから、気質が違うよ、と言われ、逆によその人を受け入れる度量もある、と言う話も聞くにつれ、リアスオーケストラの事をもっと知っていただきたい、という思いが募ってきました。


そして、この地にピッタリの演奏家は誰だろうと考え、スケールの大きな、小柄なヴァイオリニスト劉薇さんが思い浮かびました。 劉薇さんは、文化大革命の最中、お父様の強い意志で音楽家を目指し、中国の音大卒業後に東京芸大に学び、外国人で初めての博士号を取得しました。 腎臓病を患い、ご自身の雑穀料理で10年間数値をおさえながら、人工透析をするも苦しく、夫婦間生体腎移植を受け、みるみる元気になり、コロナ禍では積極的に八ヶ岳の自然の中での演奏を発信してきました。 その人生と、強くてしなやかな身体から発散されるみずみずしい感性の演奏を、是非聴いていただきたいと思いました。

当日は、チャイコフスキーから始まり、彼女の生涯をかけた馬思聡の作品から山歌、皆んなが聴きたいと願っている望郷のバラードなど、アンコールを含め1時間以上のプログラムを、舞台に出ずっぱりでの熱演、私たちは裏で、いつひっこむかと待っていたのですが、お話しも交え、その体力には、私も思わずスピーチしてしまいました。

ピアノ伴奏は、桑原花子 美しい音色での共演ソロのノクターンも、胸を打つ演奏でした。


劉薇さんの最後の言葉が 「皆さん、日本は、世界一の人口透析大国と言われています。でも、私のように夫という元他人からの腎臓の提供で、またこんな元気な人生を送る事ができます。もしも、皆さんの大事な方が悩んでいましたら、私の事を思い出してください。」 会場では、目を閉じたり、涙ぐんでいた方もいらっしゃいました。 最後は、名残を惜しむような、ニューシネマパラダイスで、とても感動的なステージでした。

今回は本当に、気仙沼市民に力を貸していただき、立派な集客が出来ました。皆さんからの感動のお言葉をいただき、企画して良かったと、しみじみ思う記念すべきコンサートになりました。


リアスオーケストラ会長 桑原裕子








閲覧数:34回0件のコメント
bg_note.png
sol.png
note_a.png

​レッスン・体験

note_a.png

体験レッスンへのご参加・レッスン見学をご希望の方
日程・場所はこちらから

forte.png
note_a.png

入会のご案内

note_a.png

入会してみようかな?とお考えの方
入会に関する詳しい情報はこちらへ

入会のお申し込み・各種お問い合わせはこちらから

出演・取材依頼やご質問等も受け付けております。
お気軽にお問い合わせください!

bottom of page